あくまき


あくまきという物を初めて食べました。ウィキペディアで見ると南九州の郷土菓子のようですが、私は長崎で食べました。端午の節句に食べるものなんだそうです。

あくまき

黄な粉を掛けてしまってるので、見た目が分かりにくいかもしれませんが、ちょっと黄色みがかっていて、ぺた~っとしたおはぎの中身、、、と言う感じです。

肝心の味はと言うと、、、正直微妙な感じでした。今まで食べたことのない独特の薫りがフワッと鼻に抜けます。この薫りが灰汁なんでしょうかねぇ?

もう少し黄な粉に甘味をプラスすれば、黄な粉のおいしさで食べられそうですが、甘味の薄い黄な粉だと私にはキツかったです。

もっと美味しかったら全国区になってるはずで、九州のご当地でとどまっているということは、そういう事なんでしょうね(^_^;)

ごちそうさまでした。

カテゴリー: 九州 | Tags: コメント(0)|2016年4月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です